道路に設置する製品の一つに視線誘導標があります

視線誘導標はロードポールなどとも呼ばれるもので、主に走行している車がそちらに入っていかないように立てるものです。

車線の数や幅によっても、製品の必要な大きさが変わってくるので数種類があります。

一般的に高さは80cmの主流で全国的に設置されているのも多いと言えます。

夜間はライトが当たると光るように反射材がついているのが普通です。

歩行者と車を分離する目印としても使えますし、駐車場等のエリアをわかりやすく表示する場合にも使えるものです。

また、道路工事などで一時的に仮設道路などに誘導する場合にも設置されるものなので、道路工事を請け負う業者としては確保しておきたい製品と言えるでしょう。

ガードレールなどと同じように需要が高い製品と言えます。